あなたのリフォーム応援します。

補助や助成を受けられるケースもある

リフォームのミカタ > リフォームの進め方 >  基礎知識・準備編 > 補助や助成を受けられるケースもある

補助金や助成金を受けられるケースもある

例えば、介護保険の適用を受けている高齢者がいる場合や、高齢者対応のためのリフォームを行う場合は、補助や助成を受けられる可能性があります。そのほか、耐震や防犯リフォーム、省エネリフォームなどに対しても補助・助成を行っている自治体がありますので事前に確認してみましょう。

介護保険の適用を受けている高齢者がいる場合
手すりを付けたり段差を解消する工事については、20万円まで9割を介護保険で給付してもらえます。
高齢者対応のリフォームを行なう場合
居住地域によりますが、自治体から30〜50万円程度の助成金を受けられる場合があります。そのほか、トイレの改修に助成金を出したり、優遇貸付制度を設けている自治体もあります。
耐震リフォームの場合
「新耐震設計基準」を満たさない住宅やビルに対しては、耐震診断を受ける事が奨励されており、自治体によっては診断費用を助成している場合もあります。また、耐震化工事の助成金支給や、資金の融資を行っている場合もあります。
防犯リフォームの場合
防犯性の高い鍵の取付工事を一部負担するなど、防犯リフォームに対して助成金支給を行なう自治体が増えて来ています。
省エネリフォームへの場合
太陽光発電を設置する工事の場合、国や自治体の補助金制度を利用することができます。エコジョーズ・エコキュートなどの省エネルギー給湯器への助成金制度もあります。