あなたのリフォーム応援します。

バスルーム・浴室の在来工法

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室リフォームの基礎 > バスルーム・浴室の在来工法

バスルーム・浴室の在来工法とは

今では一般的となっているユニットバスやシステムバスが無かった頃の浴室は、周囲に防水加工を施した上に、コンクリートなどで壁や床を造っていく「在来工法」のものが普通でした。つまり、防水加工を綿密に施す事以外は他の部屋と同じように造られていたと言えます。
こう言った在来工法は、時間の経過と共に防水機能が衰えてきて水漏れを起こす事が多かったため、10年、20年経てばリフォームするのが当たり前となっていました。しかし、マンションの浴室に採用されるユニットバスが進化し、一戸建て用のシステムバスとして登場し始めて以来、在来工法は単なる選択肢の一つになっています。

在来工法の利点

とは言え、在来工法は言わば「オーダーメイドの浴室」となりますので魅力もたくさんあります。浴室の内壁ひとつとっても、タイルやヒノキ材などをはじめ、さまざまな素材から壁材を選ぶことができますので、こだわりの浴室づくりには最適です。また、浴槽についても「据え置き型」から「置き型」まで自在に選ぶことができ、さらに浴槽位置の低い「落とし込み式」の浴室へリフォームしたい場合でもスムーズな工事が可能です。これらの在来工法は、基本的には浴室に充てるスペースがそのままであれば、隣接した部屋にほとんど影響を与えることなくリフォーム工事を進めることができます。

在来工法の注意点

一番の注意点は、在来工法の場合、防水加工を含む下地工事と内装工事が必要な分、ユニットバスやシステムバスに比べて工期が長く、予算も高くなってしまいがちだということです。 また、時間の経過と共に防水性が衰えてきてしまうので、2階や3階などの階上に浴室を設けたい場合、かなり慎重な判断が必要です。特に浴室の階下が寝室などの普通の居室になる場合は、水漏れが起きた時の被害が大きくなってしまうため、厳重な防水処理が必要になってきます。
さらに浴槽の搬入経路についても注意が必要で、浴槽が大きかったり搬入路が狭かったりする場合は、搬入に手間がかかったり特殊な方法が必要だったりして、さらに工期と予算がかさんでしまう可能性があるのです。 また「落とし込み式」などで、浴槽が直接地面に接する場合にはカビや白アリの温床となりやすいので、その点にも注意が必要です。