あなたのリフォーム応援します。

ユニットバス、ハーフユニット

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室リフォームの基礎 > ユニットバス、ハーフユニット

ユニットバス/システムバスとは

ユニットバスとは、集合住宅用に開発された「浴室ユニット」の事です。在来工法の浴室と違い、完成されたパッケージを浴室空間にすっぽり収める工法で、浴槽以外にもトイレや洗面台をまとめてユニット化した「3点ユニット」のユニットバスもあり、スペースに余裕が無い空間に多く採用されています。
一方システムバスは、集合住宅用のユニットバスに広さやデザインのバリエーションを加え、一戸建て住宅用に開発された浴室ユニットの事を言います。

これらの内装や浴槽には、防水性が高いアクリル系やホーロー、ステンレス、人造大理石などの素材が用いられます。その上、床と壁の角が一体成型されていることもあり、年月を経ても水漏れの心配がほとんどなく、浴室内を丸ごと水洗いできるなど、日々のメンテナンスや掃除も簡単に済ませられます。
また、もともと集合住宅に採用されてきた浴室ユニットですので、戸建て住宅で上階に浴室を設置したい場合でもまったく問題なく設置することが可能です。場合によっては一日で設置完了する場合もあるほど工事自体も簡単ですので、工期はもちろん予算面でも在来工法と比べてかなり低く抑えることができます。

ユニットバス/システムバスの注意点

ユニットバスやシステムバスを選択する際に注意すべき点は、そのサイズであると言えます。すべて規格化されたパーツを組み立て一体のユニットとして製造されるユニットバス/システムバスは、浴室空間のために使われるスペースが狭かったり、変形な形だったりすると選択できるタイプが非常に制限されることがあります。それでも設置できない場合は隣り合う部屋と合わせた大がかりな工事が必要な場合も、最悪のケースとして考えられるのです。
これらのトラブルを避けるためにも、ショールームなどへ足を運び、浴室を設置したいと考えている空間をイメージしながら選択できるタイプをよく吟味したりしておくようにしましょう。設置前に完成された浴室を見る事ができるのは、ユニットバス/システムバスのメリットでもありますので、ついでに素材の手触りやオプションで貼る事ができる素材なども実際に見ておくと設置後のイメージが付けやすいでしょう。

ハーフユニットとは

ユニットバスやシステムバスは、床から天井までがひとつのユニット製品となりますが、ハーフユニットは最も防水性が必要となる浴槽と洗い場、周囲の壁の下部のみがひとつのユニット製品になっているものを指します。したがって、残った壁の上部と天井部分は、ユニット製品外となりますので、これらの部分はオーダーメイドで作る事が可能となるわけです。
在来工法と比べて浴槽や洗い場の防水性が優れていると同時に、ユニットバスやシステムバスと比べて壁や天井の設計を自由にすることができるという、双方の良いところを兼ね備えた「よくばり浴室空間」が可能になることが、このハーフユニットの最大の利点となります。例えば、壁にタイルやヒノキ材を貼ったり、状況次第では天井の高い浴室空間や天窓を設けたりすることも可能ですし、逆に空間的な都合で、通常より天井が低い空間であってもハーフユニットなら問題なく設置する事ができます。
またハーフユニットの場合、ドアも後付けとなりますので例えばバリアフリーの観点から引き戸にしたり、ドアの位置に縛られない自由な浴槽の配置が可能になるのも利点のひとつです。

ハーフユニットの注意点

ハーフユニットの注意点としては、ユニットバスやシステムバスと比べ、そのメーカーや商品のバリエーションが少ない事です。その他こまかい点としては、ユニットバスやシステムバスでは浴室の下部に水の受け皿となる防水パンを設置するのが一般的ですが、ハーフユニットの場合はコーキングという防水処理をする事が多いため、在来工法より優れているとは言え、ユニットバスやシステムバスに比べるとその防水性は劣ってしまうと言わざるを得ません。
工期や工事費に関しては、ほとんどの場合は在来工法よりも軽い負担で済ませる事が可能ですが、壁の上部や天井部分のつくり込みによっては逆に工期や予算がかさんでしまう場合もありますので注意が必要です。浴室空間の上部と下部で違った考え方をしながらイメージを合体させていかなければなりませんので、はじめに具体的な全体像を把握しておくことが大事です。