あなたのリフォーム応援します。

バスルーム・浴室のバリアフリーリフォーム

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室リフォームの基礎 > バスルーム・浴室のバリアフリーリフォーム

浴室・風呂リフォーム計画の前に

バリアフリー対応の浴室リフォームを行なう際は、気をつけておかなければならない事が多くあります。浴室空間は高齢者にとって屋内での事故が起こりやすい場所であることを理解し、使用者の体格や運動能力などに応じた細かい気配りが必要です。
これらの注意点や対策などはリフォーム前に一覧表へと書き出し、より有効なバリアフリーリフォームを完成させるようにしましょう。

高齢者の浴槽の選び方

高齢になると足を持ち上げる筋肉が衰えがちですので、またぎやすい高さの浴槽選びが大切になります。ところが落とし込みタイプの浴槽へリフォームする場合は注意が必要で、浴槽の縁は床から適度な高さでも浴槽の底が床より低くなっている場合はかえって危険になる場合がありますので、縁から浴槽の底までの深さを基準に判 断するようにしましょう。 また、床との高さをあまりに低くしすぎても逆に入りにくいもので、一般的に30〜50センチの深さが適当であると言われています。さらに縁の部分が広く腰がけできるタイプも高齢の方には楽なスタイルですので、少し湯船が小さくなったとしても、安全性などを考えると一度腰をかけてからゆっくり入れる浴槽が良い場合もあります。

手すりの設置

立ち座りが頻繁になる浴室空間は、高齢者にとっては手すりの存在が大きな助けになります。ただし、当然ながら漠然と手すりを付けておけば良いということではありませんので、どの位置のどの高さに付けておけば最も安全で楽に立ち座りができるかを検討する必要があります。 手すりを設置する際は、リフォーム前に体格や利き手、クセになっている入浴時の動作などをあらかじめシミュレーションしておくようにしましょう。

床材の選び方

浴室内は水以外にも石鹸やシャンプーなど、足を滑らせる引き金になるものがたくさんあります。高齢になると反射神経や体勢を立て直す筋力が衰えてきますので、そもそも滑りにくい床にしておくことが大切です。 近頃では滑り止め加工を施してある床材や、後付けできるシートなどのバリエーションも豊かになってきてますので、肌触りや手入れのしやすさなども含め、最適なものを選ぶようにしましょう。

暖房・非常用ブザーなど

まさか大丈夫だろうと思っていながら、意外と多いのが浴室で溺れてしまう事故です。特に冬場などは暖かい部屋から急に寒い浴室に移動することで、高血圧による脳卒中を引き起こしたり、逆に熱いお湯で温まった血管が急に開きすぎると脳貧血を引き起こしたりする危険性があります。これら血圧の急激な変化のほかにも、脈拍が速くなることで心筋梗塞を起こすこともありますので注意が必要です。
そこで、高齢者が使う浴室のリフォームでは、脱衣所や浴室に暖房設備を設置することを検討したり、脱衣所と浴室の段差解消、浴槽の中での事故に備えた引き戸の採用を検討したりすることをおすすめします。 さらに万が一の時に備え、非常用のブザーなどのセキュリティ設備の設置なども併せて検討してみてください。

「バスルーム・浴室リフォームの基礎」のその他の記事