あなたのリフォーム応援します。

床・壁・天井の素材と選び方

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室の設備 > 床・壁・天井の素材と選び方

素材の選び方

他の部屋と比べ、温度も湿度もかなり高めになってしまう浴室のリフォームでは、床・壁・天井などの素材選びがかなり重要なポイントとなります。見た目のデザインに気を取られすぎたばかりに、カビや汚れに強い素材へまわす予算が無くなったのでは、快適な浴室をつくることができなくなり、本末転倒となってしまいます。
そうならないためにも、浴室のリフォーム時はデザインと機能の全体的なバランスを考えつつ計画を進め、慎重に素材選びを行なうようにしましょう。
なお、ユニットバスやシステムバスにした場合は、床材・壁材・天井材は規格に沿ったものに限定されますので、もし浴室の床・壁・天井でこだわりたい要素があるなら、在来工法でのリフォームをおすすめします。

床材・壁材・天井材の種類

樹脂系
ユニットバスやシステムバスでは最も一般的な浴室素材です。手入れが容易で、在来工法に用いてもリフォーム予算が抑えられるというメリットがあります。比較的耐久性も高く、色合いのバリエーションも多彩になってきています。
選択性 コスト 床の滑り止め 手入れ 乾燥力 保湿力
メーカー用意のものに限定 普通 加工有り 汚れやすいが掃除しやすい 乾きやすい 高い
タイル
昔から浴室の素材としてよく用いられてきたタイルですが、目地の掃除が面倒な点がありました。しかし近年登場している大判タイプは目地の手入れも楽になっていますし、サイズや色、デザインのバリエーションも豊富です。腰板部分のみにタイルを採用される例もあります。
選択性 コスト 床の滑り止め 手入れ 乾燥力 保湿力
サイズ・デザイン豊富 高い 加工可能 目地掃除が手間 目地が乾きにくい 低い
ステンレス
耐久性が高く手入れしやすいのが利点で、滑り止めのエンボス加工が施された商品もあります。
選択性 コスト 床の滑り止め 手入れ 乾燥力 保湿力
カラーは一定 普通 対応タイプ有り 容易 乾きやすい 普通
木製
木材は、和風の浴室にしたい方に採用されることが多く、木の香りの癒し効果が魅力です。材質によって耐久性や防カビ効果などに違いがあります。予算は樹脂系などより高価になります。
選択性 コスト 床の滑り止め 手入れ 乾燥力 保湿力
材質に注意が必要 高い 材質自体が滑りにくい こまめな手入れが必要 乾きにくい 普通
塗装壁
モルタル、しっくい、コンクリートなどを塗装する方法で、コストが非常に低いことから一昔前までは浴室空間にもよく使われてきましたが、カビが発生しやすく汚れやすい欠点がありなす。これらの欠点からか、最近では腰板から上のみに採用されることが多くなっています。
選択性 コスト 床の滑り止め 手入れ 乾燥力 保湿力
ほとんど無い 安い 不要 汚れやすく落としにくい 目地が乾きにくい 低い