あなたのリフォーム応援します。

シャワー

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室の設備 > シャワー

浴室シャワーの取付け

いまや当たり前となっているシャワーですが、築数十年を超える家屋をリフォームする場合は、シャワーだけを新設するという事例もあります。今やシャワーの種類もかなりのバリエーションが出回っており、水栓とシャワーの切換え方法ひとつとっても、カランを回す一般的なタイプから、握力が弱くても使いやすいレバータイプ、さらに簡単に切り替えられるタッチタイプまで様々です。また、シャワーヘッドについてもお湯の出方が変化するだけでなく、マッサージ効果のある水流や、マイナスイオンが発生するものなどの付加価値が付いた製品が多く出ています。

これらにデザイン的なバリエーションを加えると、選び切れないほどの種類になってしまいますで、選択の際はご家族のシャワースタイルや希望の機能をよく考えておくようにしましょう。また、シャワーのバリエーションの豊富さに気を取られ、意外と忘れられがちな注意点としては、シャワーの取り付け位置です。新設の場合、意外と適当な空きスペースに取り付けてしまいがちですが、シャワーは取り付け位置によってその使い勝手にかなりの違いが出てきてしまいますので、どのような体勢でシャワーを浴びるのかなどをシミュレーションしてから、取付位置や高さを決めるように注意しましょう。

注目のシャワー機能

先に挙げたようなシャワーの多彩な機能だけでなく、さらに便利さや安全面を追求した新しいシャワーが次々と出てきています。便利さという点では、タイマー付のシャワーが代表的な商品でしょう。これまでは、浴槽内で水位を感知して止まるタイプがほとんどでしたが、タイマー付ですと、例えば半身欲をしたい場合でも好みの水位でシャワーを停める事ができるようになります。安全面では、サーモスタット付のシャワーが代表的です。この機能があれば、不意に熱湯が出てきてしまうというトラブルも防ぐ事ができます。