あなたのリフォーム応援します。

お湯の追い焚き・循環・保温

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室の設備 > お湯の追い焚き・循環・保温

追い焚き機能

その昔、日本の風呂釜と言えば薪を使って風呂釜を下から熱して焚くものが普通で、「お風呂を追い炊きする」という事は珍しいことではありませんでした。しかし当然ながら、最近のお風呂での追い炊きは過去のものとは方式が違い、大きく分けて二種類の方式が存在します。
ひとつは「冷めてしまったお湯をヒーターやボイラーなど、加熱している部分に循環することで温め直す方式」のもので、もうひとつは「熱いお湯を新しく足す(差し湯する)事で全体の温度を上げる方式」のものです。

「差し湯」方式は厳密に言うと「追い炊き」ではないのですが、結果的に得られる効果は同じということで分かりやすく「追い炊き」機能として紹介されている場合が多くなっています。
これらの方式、大きな違いは使う水の量とコストです。循環方式は、同じお湯を温め直すだけですので、新しく熱いお湯を足す必要がなく節水につながりますが、差し湯方式では水道料金が余分にかかってしまいます。
一方で、循環方式は差し湯方式に比べて複雑な設備が必要になりますので、最初の設置コストは高くついてしまう場合が多いようです。追い炊き機能を導入する場合はこれらのコストの違いを認識した上で、どちらの方式を採用している機器を導入するのかを慎重に検討するようにしましょう。

24時間風呂とは

現代のライフスタイルの多様化にともない、便利な機能として評価を高くしているのが、いわゆる「24時間風呂」です。これは、浴槽のお湯を自動的に循環させる「追い炊き機能」によっていつでもお湯の温度を保ち続ける、言わば「保温機能」を備え、なおかつ菌の発生を防ぐ「清浄機能」も持ち合わせたお風呂のことを言います。
なお、お湯の清浄機能はメーカーによって、オゾン活用、紫外線殺菌、高温加熱、抗菌セラミック活用、光触媒活用、抗菌剤・清浄剤の活用 など、さまざまな対策が取られています。この24時間風呂、いつでも好きなときにすぐに入浴ができるという、現代人にはとてもありがたい機能ですのでリフォームの際に24時間風呂の導入を考える方が非常に多いようですが、注意しなければいけないのはそのコストです。循環式ですので節水にはなるものの、24時間ずっとお湯の温度を管理して循環させるためにかかる電気代など、それなりのランニングコストがかかってしまう事は考えてかなくてはなりません。
また、設置費用も少し割高になってしまうようです。したがって、お風呂の24時間化を検討する際は、家族のライフサイクルを良く見直し、本当に四六時中、温かいお風呂を保っておく必要があるかどうかをよく検討することをおすすめします。