あなたのリフォーム応援します。

浴室の換気

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室の設備 > 浴室の換気

換気扇の種類

浴室の換気扇は、プロペラで浴室の蒸気や湿った空気を外に直接排出するプロペラタイプと、ダクトを通じて空気を出入りさせるシロッコタイプがあります。浴室の横がそのまま家の外という場合はプロペラタイプで充分対応可能ですが、浴室が建物の内側に配置されていたり、集合住宅であったりする場合は、シロッコタイプを設置する必要が出てきます。
これらの浴室用換気扇には湿度センサーが付いている商品もありますが、設置場所によって は作動しにくかったり、過剰に作動したりする場合もあるようですので、設置場所をよく検討する必要があります。 また最近では、浴室用暖房乾燥機に換気機能が付いている機器もあり、暖房・乾燥・換気という3役を1台でまとめて解決させるという選択肢も可能です。

換気扇のダンパーについて

たいていの場合、換気扇には「ダンパー」と呼ばれる、風圧や電動によって外気の流入を防ぐ扉のような仕組みがありますが、機種によってはダンパーが無い商品も存在します。ダンパーが無い商品を天井に取り付けた場合、浴室内の空気が換気扇の周囲で急速に冷やされ、冷たい滴となって落ちてくることがあります。快適な入浴を考えると、冷たい滴が体に落ちてきたり、冬場の冷たい外気が浴室に逆流してくる、などということは避けておきたいと思いますので換気扇を選ぶ際は「ダンパー」の有無を確認しておくようにしましょう。

換気扇のお手入れ

浴室の換気扇の掃除については、キッチンの換気扇とは違って油汚れがないので比較的簡単に済ませることができます。ただ、形状によっては湯気が結露となって換気扇の中にとどまりやすい機種もあり、その結露がたまると汚れやカビの原因となってしまうので掃除が困難になる場合もあります。また、機種によっては掃除が難しい仕組みになっている商品もありますので、これらのメンテナンス性についてもあらかじめ確認しておくようにしましょう。

もしも内釜風呂なら

もし従来の浴室が内釜風呂で、そこに換気扇だけを新設するリフォーム場合、換気扇がうまく作動せず釜が不完全燃焼を起こし、大きな事故につながる場合がありますので注意が必要です。最近の住宅では内釜式はほとんど採用されなくなっているので心配はありませんが、もしご家庭のお風呂が内釜式であった場合、浴室を丸ごとリフォームすることも検討されてみることをおすすめします。