あなたのリフォーム応援します。

浴室のカビ対策・掃除

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室リフォームポイント集 > 浴室のカビ対策・掃除

浴室換気で防カビと汚れ予防

浴室の換気効率は、日常の掃除のしやすさを大きく左右します。換気効率が悪く、湿気がたまりやすい浴室空間はカビだけでなく水アカやホコリの付着も多くなってしまいます。樹脂製やステンレス製など、比較的掃除が容易とされている浴室や浴槽でも、一度こびり付いてしまった水アカを取るのは意外と大変な作業で、さらにタイルや木材を使っている場合、タイルの目地や木材の繊維の間に入り込んだカビや汚れを取り除くのは至難の業となってしまいます。
また、例えばヌメリ取り用の洗剤など、浴室用洗剤には換気をしながら使わなければ危険なものもあります。そういった意味でも、浴室換気は非常に重要となってきます。これらの問題を軽減し少しでも楽に美しい浴室空間を保つためにも、まずは汚れをつきにくくし、しっかりと防カビを行なうという意味で、浴室の換気効率をできる限り向上させるようにしましょう。

抗菌素材と日常のお掃除

常に湿度が高い浴室空間の汚れの中で最もメンドウなのは、やはりカビです。カビは一度取り除いたとしても、ほんの少しの汚れを栄養にしてまたすぐに発生してしまいます。もちろん抗菌処理やカビ対策を施したシステムバスや浴槽も多くありますが、それでもカビを100%防ぐのは不可能であると言えます。
特に防カビが重要なのは、在来工法で床や壁、天井を塗装壁で仕上げた浴室空間です。塗装壁は湿気を吸いやすすく、しっかり換気をしていなければすぐにカビの温床になってしまいますので、抗菌・カビ対策を施しておきましょう。

また、浴槽に関しても、檜のように素材自体が抗菌能力を持っている素材は比較的安心ですが、檜ほどの抗菌性を持たない木材も浴槽材料として多く使われていますので、リフォームの際に木製の浴槽にしたい場合には必ずその材質と抗菌効果を確認するようにしましょう。
カビ以外で浴室空間の主な汚れとなる水アカに関しては、材質とはあまり関係なく付着してしまうものですので日頃のこまめな掃除が大切となります。リフォーム業者やメーカーによっては、それぞれの材質の特性に合わせた適切な掃除方法を教えてくれる場合がありますので、リフォームの際に確認してみるようにしましょう。