あなたのリフォーム応援します。

シャワールームの設置・リフォーム

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  バスルーム・浴室 > バスルーム・浴室リフォームポイント集 > シャワールームの設置・リフォーム

シャワールームの設置

通常の浴室とは別に、シャワールームをつけたいというお客様が増えてきています。これらのニーズの高まりと共に商品バリエーションも豊富になってきており、外形だけでも、四角形や円形だけでなく、多角形など様々な形が出てきています。
床に関しても設置した時点でフラットな床になるものや、少し高めになるように設定されているものまであったり、壁も視覚的に周囲と遮断できるタイプのものから、完全な透明タイプや半透明タイプのものまで使用したい状況に応じて選ぶことができます。

さらにシャワー自体も様々な種類があり、天井に取り付けられた大きなシャワーが雨のように降り注ぐ「レインシャワー」と呼ばれるものや、上下左右の何カ所からもシャワーが噴出して体を温めてくれてくれるもの、床の部分がコンパクトな浴槽になっているタイプまで楽しいものが沢山あります。これらのシャワールームは、一戸建てであれば設置条件さえ整えば思ったより簡単に設置が可能で、在来工法の場合、材質などの選び方は小さなバスルームをつくる感覚でつくって行けば問題ありません。
しかしマンションなどの集合住宅のお部屋にシャワールームを設置するには注意が必要です。浴室空間と追加してシャワールームを設置するのですから、当然、階下のお宅の居室の上に設置する可能性が高くなるわけですので、防水処理は、より完璧なものでなければなりません。それを考えると、集合住宅でシャワールームを設置する場合は、在来工法ではなくユニットバスと同じ工法のシャワールームユニットを選ぶのが無難となります。
なお、これらのシャワールームの設置にどのような工法を選択したとしても、排水等の関係で下部に配管工事を行なうことは不可欠となりますので、一戸建てでの上階に設置する場合やマンションなどの集合住宅に設置する場合は、床下に及ぶ工事がどこまで可能かを必ず確認しておく必要があります。

「バスルーム・浴室リフォームのポイント集」のその他の記事