あなたのリフォーム応援します。

玄関リフォームのポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  玄関・廊下・階段 > 玄関リフォームのポイント

玄関リフォームのポイント

北向き玄関の暗さ対策
北向きの玄関の場合は、どうしても空間が暗くなってしまいがちです。この暗さを解消するためには少しでも多く窓を取るように工夫しましょう。具体的には玄関扉横の壁にスリット状の窓を取り付けたり、扉自体をガラス入りのものにするなどの方法があります。また、玄関上部に吹抜けをつくり、トップライトで光を取り入れる方法もあります。
玄関ホールを広くする
狭い玄関もまた空間を暗く見せてしまう要因でもあります。プラン的な解決法としては廊下自体の幅を広くしたり隣接する部屋をナナメに削って面積を増す方法があります。もう少し簡単な例としては、シューズクローゼットを天井いっぱいまでつくり、できるだけ靴が出しっ放しにされていない状態を保ったり、窓を設けて開放感を出したりする方法もあります。
収納+飾り棚をつくる
広さにある程度余裕がある場合は、玄関にギャラリー的な役割を加えてみましょう。シューズクローゼットを腰壁程度の高さに抑え、天板部分を飾り棚として機能させます。低い収納は空間をさらに広く見せることができる上、お客様をお迎えしたときに趣味の活け花や絵、置き物などを気持ちよく見てもらうことができます。
素材や色で印象を変える
壁や天井の素材や色だけでも、玄関の印象は大きく変えることができます。例えば床を暗めの色にし、壁や天井を明るい色にすることで広がりのある印象を生み出すことができると言われています。また、凹凸がハッキリしている素材は陰影もハッキリしてしまうので重厚感が出る反面、重たすぎる印象になってしまう場合もあります。このように、質感や色だけで印象を変えてしまうのもひとつの方法でしょう。