あなたのリフォーム応援します。

階段リフォームのポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  玄関・廊下・階段 > 階段リフォームのポイント

階段リフォームのポイント

デザイン性の高い階段
吹抜け空間に面した階段には特に有効ですが、一方の壁だけで踏み面を支える「片持ち」の階段にすることでスッキリとしたデザインの階段にすることが可能です。その他、階段自体を軽やかに見せるために、手すりをガラスにしたり踏み板をパンチングメタルにしたりなど、さまざまなデザインバリエーションがありますので、一度検討してみるのも良いでしょう。
階段のバリアフリー化
階段をバリアフリー化する場合は、できるだけ勾配を緩やかにした上で、低い段差で広い踏み面を設けるようにしましょう。また、踏み面に滑り止めを施すことも重要なポイントです。また、上階まで一気に登りきる直線的な階段よりもL字やU字に折れ曲がっている階段の方が安全です。その他、手すりを両側に設けたり足下を照らす照明を設けたりなど、バリアフリー化に向けて出来ることはたくさんあります。