あなたのリフォーム応援します。

天井選びのポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 > 天井 > 天井選びのポイント

色について

天井は直接肌に触れる事がほとんどないため、素材感はそれほど重要ではありません。光の反射で出来る陰影具合やその効果を意識する程度で良いでしょう。
ただし色については慎重に選んでいかなければなりません。空間自体を縦方向にも横方向にも大きく見せたいのであれば、白や明るいベージュ系を選ぶようにしましょう。逆に濃い色にするとたとえ広くても圧迫感を感じる空間になってしまいがちです。天井に木質系の素材を使う場合でも、床で使用している色よりも少し明るめの素材を選ぶのがコツです。
また、開放感よりも落ち着いた雰囲気が求められる寝室などでは、少し暗めのベージュ系やブラウン系の色を選択するのも良いでしょう。間接照明などと相まって得られる視覚効果も活用してみましょう。

形について

天井の形については、格天井なら格式ある雰囲気に、目隠し天井ならすっきりとした雰囲気になる、というのが基本的なセオリーです。その他、天井の中央部分のみが少し高くなっている「折り上げ天井」と照明器具を組み合わせて視覚効果をつけたり、天井に勾配をつけることで空間に変化と広がりを生み出す手法などもあります。

「天井」のその他の記事