あなたのリフォーム応援します。

床の種類

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 >  > 床の種類

床の種類

部屋の中でも大きな面積を占めている床は、空間のイメージを大きく左右する存在です。
また、キッチンや洗面室などの水回りでは、掃除のしやすさや対候性にすぐれる機能が求められますし、小さな子供や高齢者がいる家庭では、安全性への配慮も必要です。このように部屋の用途によってどのような機能を優先させるかが変わってきますので、よく考えて選ぶようにしましょう。

フローリング

木質系の板材のことで、複層フローリングと無垢フローリングという種類があります。耐久性に優れ、ホコリを吸収しないので掃除が簡単なうえ、ぜんそくやアトピーの方にも適しています。夏場はひんやりとして気持ちいいのですが、冬場は冷たく感じます。

クッションフロア

トイレや洗面室などで使われることが多い素材です。ソフトな弾力性があり、水に強く、手入れも楽です。ゴム製品が接触すると化学反応を起こし、溶けて汚れが付着するので、家具の足先についているゴム製のキャスターなどには気をつけましょう。

吸湿性、吸音性に優れ、歩きやすく、足ざわりがソフトです。高温多湿の日本にマッチした素材で、素足でもベタベタせず、独特の感触が魅力ですが、磨耗しやすいのが欠点です。

カーペット

吸湿性、吸音性に優れ、歩きやすく、足ざわりがソフトです。しかし、ホコリが舞わずに溜まってしまうので、ダニの温床となりやすく、こまめに掃除をしなくてはなりません。

石・タイル

耐摩耗性、耐水性に優れていますが、固く冷たい肌触りなので室内で靴を脱ぐ日本の生活習慣には合わないかも知れません。ただし色やデザインが豊富で、床暖房を施すことも可能です。 リビングなどでは部屋全体に敷き詰めるより部屋の一角にアクセントとして使用するのが効果的でしょう。

コルク

コルクには適度なクッション性と遮音性、保温性があり人気が高い素材です。肌ざわりが良いことも特徴のひとつです。