あなたのリフォーム応援します。

クッションフロア

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 >  > クッションフロア

クッションフロアの特徴

クッションフロアとは、ビニル系の素材に表面プリントした床材のことで、CFシートとも呼ばれます。 トイレや洗面室などで使われることが多い素材です。ソフトな弾力性があり、水に強く、手入れも楽です。ゴム製品が接触すると化学反応を起こし、溶けて汚れが付着するので、家具の足先についているゴム製のキャスターなどには気をつけましょう。

水に強く、手入れが容易

クッションフロアは耐水性が高いため水が染みこみにくく、トイレや洗面、キッチンなどの床材として広く普及しています。 また、ペットのひっかきキズや、物を落とした時にもキズがつきにくいという特徴もあり、表面がフラットなので、掃除が簡単な点も特徴のひとつです。

機能性に優れたクッションフロア

これまでのクッションフロアは、家具の脚などの形にへこみやすいという欠点がありましたが、最近ではへこみやキズがつきにくいタイプも発売されています。 それ以外にも、クッション層が厚く、弾力性や防音性、衝撃吸収性などが高められている商品や、防菌・防カビ・防汚加工を施した商品などさまざまな機能が付加された商品が増えてきています。