あなたのリフォーム応援します。

床暖房

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 >  > 床暖房

床暖房の種類

電気式
電気を熱源とするもので、通常は床材直下に組み込まれた発熱体に通電して加温します。床下に発熱体を持たない方式もあり、蓄熱式/非蓄熱式があり、蓄熱式はさらに潜熱式/顕熱式等の細かな分類を持ちます。
温水式
外部の熱源で作った温水を配管により床材直下に導くことで床材を加温する方式です。温度分布が均一に保たれやすいことが特徴で、熱源にはガスや灯油などの他に、電気+ヒートポンプにより温水を作る方式もあります。

床暖房設置に適した床材

コルクやタイル、畳は保温性に優れているので床暖房に適した素材ですが、温度の変化による伸縮が激しいクッションフロアなどは床暖房にあまり適していません。 また、一般的なフローリングは熱に弱いため、床にスキマがあいたり、反りや割れが発生する場合があります。したがってフローリングに床暖房を採用する場合は「床暖房用」と表示されているものを使用するようにしましょう。

床暖房設置の面積

床暖房によって室内全体を暖めるためには、床面積の60〜70%程度に設置するのが適切とされています。また、暖房効果をあげるために、断熱材や防湿層を適切に敷いておくようにしましょう。