あなたのリフォーム応援します。

壁の種類

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 > 壁材 > 壁の種類

壁の種類

壁は、床と並んで室内で大きな面積を占める存在です。したがって、壁の色はもちろん、素材感や壁材そのものが持つ機能によって、部屋のイメージだけでなく快適感もまったく違ってきますので慎重に選んでいくようにしましょう。

壁紙(クロス)

施工が容易でデザイン・柄などのバリエーションが多彩ななことから、最も広く使われている壁材です。ビニール・紙・布などがありますが、中でもビニールはコストを抑えることも大きな利点です。

タイル

耐久性や耐火性、耐水性に優れたタイルは、水回りによく使われています。陶器・せっ器・磁器が内装用として使われており、サイズや色、柄が豊富で、品質が一定している点が特徴です。

塗り壁

耐火性・耐熱性に優れている塗り壁は、左官職人がコテ塗りをする工法です。セメントモルタル塗りや漆喰、繊維壁などの種類があり、継ぎ目のない壁面を作ることができる点が特徴です。

塗装

下地材に塗料を薄く塗り広げ、壁の表面を保護して仕上げる工法です。カラフルなデザインに仕上げられるほか、耐候性や耐水性に優れた塗料もあります。

木質系

自然の温もりを感じられる木質系の壁は、仕上げ材として人気があります。ただし、天然木のままでは狂いが生じやすいため、ほとんどの場合は合板が使用されています。