あなたのリフォーム応援します。

タイル

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 > 壁材 > タイル

タイル

耐久性や耐火性、耐水性に優れたタイルは、水回りによく使われています。陶器・せっ器・磁器が内装用として使われており、サイズや色、柄が豊富で、品質が一定している点が特徴です。

陶器質タイル

陶土や石灰などの原料を1000〜1200℃で焼成したもので、たたくと濁音がします。やや吸水性があります。
吸水率:22%以下

せっ噐質タイル

粘土や長石などを1200℃前後で焼成したもので、磁器質に比べるとやや吸水性があります。
吸水率:5%以下

磁器質タイル

石英や長石などを1200〜1350℃で焼成したもので、たたくと金属音のような清音がします。吸水性はほとんどありません。
吸水率:1%以下

機能性タイル

サイズや色、柄が豊富なタイル選びでは、デザイン的な側面での選択になってしまいがちですが、機能性の高いタイルについても調べておくようにしましょう。
例えばセラミックでできたタイルはたくさんの微細な孔を持ち調湿性に優れる特性により、結露やカビの発生を防ぎ、部屋の匂いを吸い取る素材として注目されています。あまり換気が良くない部屋や、ペットがいる部屋などの場合は一度検討してみるのも良いでしょう。