あなたのリフォーム応援します。

塗り壁

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 > 壁材 > 塗り壁

塗り壁

耐火性・耐熱性に優れている塗り壁は、左官職人がコテ塗りをする工法です。セメントモルタル塗りや漆喰、繊維壁などの種類があり、継ぎ目のない壁面を作ることができる点が特徴です。

セメントモルタル塗り

セメントに砂と水を混ぜて塗る壁で、着色仕上げを施すことも可能です。

漆喰

消石灰に砂と糊などを混ぜて塗る壁で、白色系の和風の壁になります。耐久性に加え、調湿性・断熱性・防火性に優れています。

繊維壁

植物繊維や化学繊維に化学のりを混ぜて水で練ったものを塗る壁で、ソフトな雰囲気に仕上がります。吸音性や調湿効果に優れますが、耐久性にはやや劣ると言われています。

プラスター

石灰を原料にした壁で、石膏プラスターやドロマイトプラスターなどの種類があります。しっとりとした仕上りになり、落ち着いた雰囲気になります。

珪藻土(けいそうど)

珪藻土は、植物性プランクトン(珪藻)が堆積して化石化した鉱物です。「超多孔質構造」と言われる特徴を持つ珪藻土は調湿性が非常に高いほか、脱臭性・耐火性にもすぐれる素材として注目されています。