あなたのリフォーム応援します。

防音性能を高める

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  内装 > その他 > 防音性能を高める

防音性能を高める

音の伝わり方には「空気音」と「固体音」の2種類があります。「空気音」は話し声や車のクラクションなど、空気中を伝って聞こえる音のことを言い、「固体音」は隣の部屋の衝撃音や車の振動など、壁や床を伝って聞こえる音のことを言います。防音を考える際は、音の種類によって違ったアプローチで行なう必要があります。具体的には、空気音には遮音・吸音を、固体音には防振処理が有効だとされています。

遮音

遮音は「音を伝えない・はね返す」処理のことで、一般的に質量が大きい物ほど遮音性能は高いです。したがって比重が高く、厚いものを用いると効果があります。

遮音材 コンクリート、鉛シート、ガラス、ガラスブロックなど
遮音箇所 窓、床、水回りの配管、階段、壁など
遮音方法 壁(壁内部・仕上げ)に使用、二重サッシ、防音ドアなど

吸音

吸音は「音を吸収する」処理のことで、ボード類や繊維質の素材を用い、音のエネルギーそのものをを吸収します。

吸音材 グラスウール、ロックウール、多孔質ボード類、有孔ボード、石膏ボード、じゅうたん、カーテンなど
吸音箇所 壁、天井、床
吸音方法 室内仕上げ材や下地として使用、空気層を適切に設ける

防振

防振は「構造体への振動を防ぐ」処理のことで、例えばモーターを使った設備機器などの音や振動の発生源を、弾性のある材料で支え、振動を建物の構造体に伝えないようにします。

防振材 ゴム、バネ、コルクなど
防振箇所 洗濯機置き場、オーディオルームなど
防振方法 設備機器設置の際に防振ゴムを使用、二重床構造など

「その他」のその他の記事