あなたのリフォーム応援します。

キッチン・台所のタイプとレイアウト

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  キッチン・台所 > キッチン・台所リフォームの基礎 > キッチン・台所のタイプとレイアウト

3種類に大別できるキッチンのタイプ

キッチンのリフォームを考える際には、使い方やライフスタイルなどを考えながらキッチンのタイプを選ぶことが大切です。
キッチンには「 クローズドキッチン」「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」という3種類のタイプに分けることができます。「クローズドキッチン」は"ひとつの部屋"としてキッチンを設計したもので、文字通り、閉じられた空間となります。それに対して「オープンキッチン」は、例えばリビングやダイニングなど、他の空間との仕切り(壁など)が無いキッチン空間のことを言います。
また、「オープンキッチン」はさらに、開口部でリビングやダイニングと一体の空間にした「対面キッチン」と、リビングやダイニング空間の中に"島"のように配置した「アイランドキッチン」に分けられます。「セミオープンキッチン」は半独立型のキッチンタイプで、マンションなど、集合住宅によく用いられているキッチンタイプです。調理台やシンクの前など、ある一部が開口部となりつつも、その開口部がシンク台から10〜20cmせり上がっているものです。これによって、リビングやダイニングと空間を一体化させながら、最低限の水はねなどを防ぐことができるのに加え、洗い場や調理台などの手元を隠すこともできます。

コミュニケーション重視のオープンキッチン

家族とのコミュニケーションの取り易さがオープンキッチンの最大のメリットです。「対面キッチン」は料理をしている人の孤立感がなく、小さなお子さまから目が離せない場合も安心して料理ができます。一方「アイランドキッチン」は、ホームパーティや家族みんなで料理をしたりする場合に重宝するキッチンタイプです。他のタイプと比べて動線の自由度が大きいので、料理する人の数が増えても作業しやすいのが特徴です。また、オープンキッチンは出来上がった料理を配膳しやすく、調理台を空けやすい配置であることも大きなメリットです。

メンテナンスや実用性重視ならクローズドキッチン

キッチン空間には水ハネや油ハネが付きものです。特に炒め物などをすると、油ハネは周囲2メートル以上の範囲におよぶと言われています。クローズドキッチンであれば、これらの心配を閉じられたキッチン空間内で抑えることができて、メンテナンスも容易になります。また、クローズドキッチンは閉じられた空間であることから、作業に集中することができたり、水道や換気扇の音が他の部屋に響きにくいという利点もあります。

I型キッチン

I型キッチンは、シンク・コンロ台・調理台を横一列にレイアウトするキッチンです。すべて横移動の作業になるため、リフォームの際はこれらの要素(シンク・コンロ台・調理台)の配置順や スペース取りをよく考えなければなりません。I型キッチンは、壁や窓に向けての配置やオープンキッチン、アイランドキッチンなど、いずれのキッチンタイプにも対応可能です。

L型キッチン

L型キッチンは、文字通りL字型にレイアウトするキッチンです。空間の角を利用して壁付けするタイプの他、L字の1辺を凸型に突き出して対面キッチンにするペニンシュラ型キッチンやアイランドキッチンとしてレイアウトすることが可能です。壁付けタイプの場合キッチン空間を効率良く使うことができ、さらに1辺を窓に向けることで風通しが良く明るいキッチンへとリフォームすることができます。

II型キッチン

Ⅱ型キッチンは、キッチン台を2列平行にレイアウトするキッチンです。2列にすることで動線を短くすることができ、作業効率を高められるのが特長ですが、通路となるキッチン台同士の幅の取り方には注意が必要です。幅が狭すぎると、人とすれ違ったりする時に窮屈になる上、炎が出る調理器具への注意も必要となります。平均的な通路幅は90〜120cmと言われています。

U型キッチン

U型キッチンは、キッチン台を「コ」の字型にレイアウトするキッチンです。シンクやコンロ台、調理台の位置取りは自由ですが、「コ」の字の両端に冷蔵庫や食器棚などを配置する場合が多くなるため、それらとの位置関係も考えながらレイアウトすることが大切です。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチンは、キッチン台を空間内のどの壁にも付けずにレイアウトするキッチンです。高い解放感が特徴で、キッチン台を挟んでどちら側にいても作業ができる上、動線の自由度も高いので、大勢で料理をする際に便利です。ホームパーティなどを行いたいという方にはおすすめキッチンタイプです。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチンは、キッチン台の一部または全部を壁から突き出してレイアウトするキッチンです。オープンキッチンやセミオープンキッチンとして造られることが多く、一方の端が壁に付く配置になるため、I型キッチンやL字型キッチンと融合させたスタイルが可能です。