あなたのリフォーム応援します。

コンロ・レンジフード

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  キッチン・台所 > キッチン・台所の設備 > コンロ・レンジフード

ガスコンロ選びの基本

ガスコンロ選びで最も基本となるのはガスの種類です。プロパンガスなのか都市ガスなのか、その種類によってコンロが異なりますのでまず最初に確認しておきましょう。
また口数に関しても、1口だけでいいのか、3口、4口必要なのか、グリルは両面焼きか片面焼きかなど、細かく選んでいきましょう。

ビルトインガスコンロについて

ビルトインガスコンロとは、天板の一部が低くなっているキッチンにガスコンロを収めるスタイルのコンロの事を言います。システムキッチンでは、このスタイルが採用されています。

ガラストップガスコンロとは

ガラストップガスコンロとは、五徳の設置面がキッチンの天板とフラットに繋がっているガラスの天板を持ったコンロの事を言います。五徳をはずすだけで簡単に汚れをふき取ることができるという特徴から、最近人気が高まっていますが、ガラスであるため、大きな荷重がかかると割れる危険性があります。このガラスの交換が必要になると、意外と高くついてしまいますので、コンロや換気扇の掃除の際には注意が必要です。

IHクッキングヒーターとは

IHクッキングヒーターは、電気と磁力を組み合わせた電磁調理器の一つで、鍋などをコンロにかけると磁力で電流が起こり、鍋とコンロの間に接触による電気抵抗が起こることで鍋が熱せられる仕組みのものです。炎が出ないため空気を汚すこともなく、その安全性が大きな特徴です。
最近では、IHクッキングヒーターに変えることを一番の目的にキッチンリフォームを行う人も増えています。

IHクッキングヒーターの納まり

IHクッキングヒーターは、ガスコンロと違って五徳に該当する部分が無いため、キッチンを真横から見るとまったくのフラットな見た目となります。メーカーによっては、コンロ部分の周囲に仕切り程度の枠を設けたものもあるので、リフォームの際には、メンテナンスなども考え、細かくチェックしてみましょう。

IHクッキングヒーターの注意点

IHクッキングヒーターを選択する上で最も注意する必要があるのが、調理器具との相性です。IHでは、鉄ホーローや鉄鋳物、ステンレスなどの一部の調理器具しか使うことができません。ほとんどのアルミ鍋や耐熱ガラス、土鍋などに加え、中華鍋のように底に丸みがあるものや底の直径が小さい器具なども使用できません。そのため、IHクッキングヒーターに変える場合は調理器具の買い替えが必要な場合もあるという認識で、検討する必要があります。

まとめ ガスコンロとIHクッキングヒーターの違い

キッチンリフォーム時でもガスコンロを使い続ける方が多くいらっしゃいますが、その大きな理由としては、「IHにするとそれまで使っていた鍋が使えなくなる」というものです。IHの場合、使える調理器具が限定されているため、調理器具を買い替えるための出費を抑えたかったり、使い慣れているものを使い続けたい、という方はガスコンロを選択した方がいいでしょう。
一方、IHクッキングヒーターは炎が出ないため空気が汚れない点、ガスのようにコンロ自体が熱くなることがない点で安全性が確保されているのが大きな特徴です。また、コンロ自体がフラットな作りなので掃除などのお手入れが容易な点も人気の理由です。

換気扇ではなく、レンジフードという選択

単に空気を排出するだけの換気扇と違い、レンジフードには下記のように様々な機能があるという理由から、キッチンリフォームの際に従来の換気扇やめてレンジフードに交換する方が多くいらっしゃいます。

レンジフードの機能

  • コンロに対して傘のようにかぶさる形状のため、煙や臭いが効率的に排出される。
  • ファンの手前にフィルターがセットされているため、掃除の際はフィルターの洗浄のみで済む場合がほとんどで手入れが簡単。
  • 排気に加えて給気も行えるので、気密性の高い住宅の場合でも酸欠を抑制できる。
  • レンジフード内部にコンロを照らす用の照明が付いていたり、ビルトインコンロと完全に連動した商品があるなど、付加価値が豊富。

2種類のレンジフードタイプ

レンジフードには、「シロッコファン」と「プロペラファン」という2つのタイプ大別することができます。 「シロッコファン」は天井や壁の中に配置したダクトと呼ばれる管を通じて吸排気を行なうタイプで、外壁から離れた場所にも付けることができます。ただし、キッチンリフォームにダクトの配管工事が含まれてしまうので、工事の規模が大きくなる場合があります。 「プロペラファン」はフード内部にプロペラがあり、いわば換気扇が進化した形のものと言えます。吸排気の性能はシロッコファンに比べると劣りますが、壁付けタイプなので比較的簡単な設置工事で済ませられます。 機能や予算などのよく考えてどちらのタイプにするか決めるようにしましょう。

レンジフードの注意点

フィルターが付いているレンジフードが、いくら換気扇より手入れが簡単とは言っても、長期間使用していれば当然内部のファンも少しずつ汚れてきます。そうなった場合、換気扇とは違って、複雑なレンジフードの内部を開けてファン手入れを行なうのは至難の業です。レンジフードを選択する場合は、これらの手入れ作業を専門の業者に依頼することも念頭に入れておくようにしましょう。