あなたのリフォーム応援します。

吊り戸棚

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  キッチン・台所 > キッチン・台所の設備 > 吊り戸棚

吊り戸棚の種類

吊り戸棚の素材の大半は、ステンレス製か化粧板を含む木製製品で、ホーロー製のものなどもあります。ホーロー製は柄入りの商品もありますので、高級感が欲しい場合には最適ですが商品自体の種類が少ないのがネックです。サイズなども含めバリエーションについては、ステンレス製や木製を選ぶ方がはるかに選択肢が多くなります。
また、中には防火仕様になっている商品もありますが、キッチンの吊り戸棚にそこまで必要かどうかは、全体のリフォーム計画と合わせて考えるようにしましょう。 なお、吊戸棚の戸の部分は、本体と同じ材質のものかガラス戸になったものが大半。戸棚の半分にのみ戸があるなどの変則タイプもあります。

サイズと高さについて

収納のポイントは、「収まるべき場所に収まるべき物が入るかどうか」です。吊り戸棚を選ぶ際も、とにかく収納を多く取っておくのではなく、まずは今の持ち物をリスト化してよく検討するようにしましょう。そうすることで必要な収納スペースが明確に見えてきて、ただ大きいだけで使いづらい収納スペースを設けることを防いでくれます。
また、サイズと並んでもうひとつ重要な要素は、吊り戸棚の高さです。背を伸ばしても届かない高さの収納は、日常よく使う物を収めておくには問題がありますが、あまりにも低いと作業する時に圧迫感を感じてしまいます。ちょうど良い高さを見つけ出すためにも、使う方の身長や収納する物の種類などを検討しておくようにしましょう。
最も有効活用できて安全だと思われる収納方法は、「高い位置にできるだけ軽い物」「低い位置に重い物」を収納し、小物などはトレーやカゴにまとめて収納しておく方法です。小物の収納には中身が見える素材のものを使えば、出し入れの時にも便利です。