あなたのリフォーム応援します。

カラーコーディネートのコツ

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  リビング・ダイニング > カラーコーディネートのコツ

カラーコーディネートのコツ

住まいのカラーコーディネートは、クロス(壁紙)、床の選び方はもちろん、家具やカーテン、窓の大きさなどにも大きく関係してきます。また単に好き嫌いではなく、ある程度の時間をそこで過ごすことも考慮する必要があります。一般的に使う色は、なるべく数をおさえ、色彩も強いものは避けたほうが無難です。

統一感のある柄を選び、同系色でまとめる。

壁紙の柄やカーペットの模様も統一感のあるものを選び、細かい色にとらわれずに全体的な色相で判断してその同系色でまとめます。天井は明るい色彩にして、床はアンダーにすると、落ち着いた雰囲気の部屋になります。

アクセントは大胆に

アクセントにしたいスペースがあれば、全体の色相の反対色や大胆な柄を用いると効果的。その部分の面積は小さい方が効果が高く、また品よく仕上がる場合が多いようです。

カーテンで個性作りを

思い切って色が使えるものに、カーテンがあります。カーテンは光や音をさえぎり、保温や目隠しという実用的機能がありますが、比較的気軽に取り替えができるので部屋の雰囲気づくりにとても効果的です。