あなたのリフォーム応援します。

壁紙の選び方

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  リビング・ダイニング > 壁紙の選び方

壁紙の選び方

クロス(壁紙)を選ぶとき、色合いや質感だけでなく、断熱性や遮音性などの機能や汚れにくく傷みにくいなど、手入れのしやすさも忘れてはなりません。

統一感のある柄を選び、同系色でまとめる。

縦方向の柄
格調ある心地よい緊張感

横方向の柄
ゆったりとした落ち着き

斜めの柄
やや不安定

曲線の柄
やわらかく、やさしさがある

大きな柄
面積・空が小さく感じられる

小さな柄
中にあるものが大きく感じられる

壁紙選びの基本

部屋の面積の多くを占める壁材は、インテリアのイメージを左右する重要な要素です。このため、壁紙は色合いと質感が重視されますが、断熱性や遮音性などの機能も忘れてはなりません。

壁紙の種類

壁紙には大きく分けて、紙壁紙、織物壁紙、ビニール壁紙の3種類があります。

紙壁紙
施工しやすいのですが、耐水性や耐摩擦性に劣るため、日本ではあまり普及していません。ヨーロッパでは、デザイン・色柄ともに優れたものが多く、輸入品で可能です。
織物壁紙
やわらかい質感に高級感がありますが、耐水性に乏しいことや、つなぎ目部分の糸がほつれるといった欠点もあります。
ビニール壁紙
ビニール壁紙は耐水性に優れ、手入れも簡単です。しかし、湿気のこもる北側の部屋などでは結露やカビが発生しやすいのが欠点です。最近では防カビ、結露防止、脱臭、抗菌といった付加機能がついた商品も出ています。