あなたのリフォーム応援します。

床材の選び方

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  リビング・ダイニング > 床材の選び方

床材の選び方

感触と部屋の用途をポイントに、床材に求められる以下の機能を充分検討してみましょう。

  • 丈夫である
  • 音が響かない
  • 水に強い
  • 掃除がしやすい
  • 滑りにくい

どの条件を優先させるかは部屋の用途によって変わってきます。たとえば、キッチンや洗面室などの水回りでは、掃除のしやすさや対候性にすぐれていることが求められます。また、小さな子供や高齢者がいる家庭では、安全性への配慮も必要です。

フローリング

耐久性に優れ、ホコリを吸収しないので掃除が簡単なうえ、ぜんそくやアトピーの方にも適しています。夏場はひんやりとして気持ちいいのですが、冬場は冷たく感じます。

耐摩耗性 耐水性 断熱性 メンテナンス性 肌触り
良い 普通 良い 普通 普通

クッションフロア

ソフトな弾力性があり、水に強く、手入れも楽です。ゴム製品が接触すると化学反応を起こし、溶けて汚れが付着するので、家具の足先についているゴム製のキャスターなどには気をつけましょう。

耐摩耗性 耐水性 断熱性 メンテナンス性 肌触り
とても良い 良い 普通 良い 普通

吸湿性、吸音性に優れ、歩きやすく、足ざわりがソフトです。高温多湿の日本にマッチした素材で、素足でもベタベタせず、独特の感触が魅力ですが、磨耗しやすいのが欠点。

耐摩耗性 耐水性 断熱性 メンテナンス性 肌触り
悪い 悪い とても良い 悪い 良い

カーペット

吸湿性、吸音性に優れ、歩きやすく、足ざわりがソフトです。しかし、ホコリが舞わずに溜まってしまうので、ダニの温床となりやすく、マメに掃除をしなくてはなりません。

耐摩耗性 耐水性 断熱性 メンテナンス性 肌触り
悪い 悪い とても良い とても良い 悪い

耐摩耗性、耐水性に優れていますが、固く冷たい肌触りなので室内で靴を脱ぐ日本の生活習慣には合わないかも知れません。部屋全体に敷き詰めるより部屋の一角にアクセントとして使用するのが効果的でしょう。

耐摩耗性 耐水性 断熱性 メンテナンス性 肌触り
とても良い とても良い 悪い 普通 悪い