あなたのリフォーム応援します。

和室リフォームのポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  洋室・和室 > 和室リフォームのポイント

和室リフォームのポイント

やはり日本人たるもの、畳が敷かれた和室に魅力を感じる人は多いはずです。いっときは、和室のない住宅が流行ったりもしましたが、最近になって改めて和室の良さが見直されてきているように感じられます。 また和室は居間や寝室から客間までさまざまな用途に柔軟に使う事ができたり、 畳には吸音性や断熱性などの効果があったりと機能的なメリットも多く挙げられます。

色の数を減らす
天井や壁の素材や家具に至るまで、色の数を減らし統一感を持たせることで、広々とした雰囲気をつくることができます。
障子を取ってみる
和室の窓には障子が付きものですが、カーテンなどと違って引き違いとなるため窓の片面は常に覆われている状態になります。明るい和室にするためには思い切って障子を取り、和紙製のブラインドなどを取り付けてみましょう。これだけでも部屋の明るさは飛躍的にアップするはずです。
家具を隠す
例えば6帖の和室にタンスや戸棚が置かれているよりも、何もない4.5帖の和室の方が広く見えたりします。一般的にリフォームは部屋を広くするためと思われがちですが、思い切って1.5帖分の「家具を隠すための収納」をつくるのもひとつの手です。
寒さ対策
ダニ対策という意味においても畳の床暖房を検討してみるのもひとつの手です。また、可能であれば床の一部を掘り込み、冬用の掘りごたつにしてみるのも快適な和室づくりに有効でしょう。