あなたのリフォーム応援します。

外壁の種類

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  外壁・屋根 > 外壁の種類

外壁の種類

外壁には「湿式工法」と「乾式工法」という2種類の工法があります。
「湿式」はコンクリート打ちや左官など、水分を使う工法のことを指し、「乾式」は外壁パネルをボルトやネジで取り付けていく工法のことを指します。

湿式工法

モルタル
セメントと砂に水を加え練って作ったモルタルで塗る外壁です。 湿式工法の中では一般的な方法で、低価格で施工することが可能です。
漆喰
消石灰を結合材にした塗壁です。吸湿・放湿性能に優れ、カビや細菌も発生を抑えやすい素材です。

乾式工法

サイディング
あらかじめ工場で作られた外壁パネルを現場で取り付ける方法です。素材は主に、窯業系・金属系・セメント系で、軽量で施工が簡単なことが特徴です。
タイル
一般のタイルは湿式工法ですが、モザイクタイルは乾式工法での施工となります。比較的高価ですが、 耐火性・耐水性・耐候性に優れる上に色彩や種類が豊富です。
ALC
[Autoclaved Lightweight aerated Concrete] の略で、あらかじめ工場で作られた軽量気泡コンクリートのパネルの事を指します。軽量でかつ、断熱性・耐火性に優れている点が特徴です。

上記の他に、レンガ・コンクリート打放し・石(天然石・人造石)などの種類があります。