あなたのリフォーム応援します。

外壁のチェックポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  外壁・屋根 > 外壁のチェックポイント

外壁のチェックポイント

普段からこまめに外壁のチェックを行い早めに補修することを心がければ、取り返しのつかないような内部の劣化が進まず、建物自体が長持ちします。
モルタルやコンクリートのひび割れチェックには名刺などを使い、ひび割れた隙間に入れてみましょう。もし余裕で隙間に入るようなら補修が必要です。割れ目の隙間が1cmを越えている場合は、下地や内部まで劣化している可能性が高いですので早急な補修をおすすめします。

外壁材の種類 外壁の症状 メンテナンス方法と時期の目安
モルタル ・ひび割れ(特に横に走るひび割れ)
・コーキングのひび割れ
・色あせ、汚れ、藻の発生
・塗膜の細かいひび割れが広範囲に見える
・ひび割れの補修/3〜5年ごと
・コーキングの補修/5〜10年ごと
・塗替え/症状が表れる時期
ALC ・ALC特有の小さな穴が見える
・合わせ目のコーキングのひび割れ、痩せ
・塗替え/症状が表れる時期
・補修、塗替え/症状が表れる時期
窯業系サイディング ・合わせ目のコーキングのひび割れ、痩せ
・色あせ、汚れ
・かびや藻による汚れが目立つ
・色あせ、チョーキング
・変色、退色。クラックが目立つ
・コーキングの補修/5〜10年ごと
・塗替え/症状が表れる時期
金属サイディング ・合わせ目のコーキングのひび割れ、痩せ
・色あせ、汚れ、白サビ
・コーキングの補修/5〜10年ごと
・塗替え/症状が表れる時期
トタン ・色あせ、汚れ、サビの発生 ・塗替え/症状が表れる時期
タイル ・タイルのはがれ
・合わせ目のひび割れ
・はがれの補修/5〜10年ごと
・コーキングの補修/5〜10年ごと