あなたのリフォーム応援します。

屋根の種類

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  外壁・屋根 > 屋根の種類

屋根の種類

屋根材は、昔から日本家屋で使われている瓦のほか、スレート系、金属系の屋根があります。またそれ以外にガルバリウム鋼板などの新しい屋根材も注目されています。
屋根の形状についてはさまざまな種類がありますが、雨漏りを防ぐためにもできるだけシンプルな形にしておくことをおすすめします。

日本瓦と洋瓦の2種類がありますが、日本瓦は日本の風土に合った材料のため、耐水性・断熱性・遮音性・耐久性などあらゆる面で優れています。これらのメリットの反面、重量が重くて割れやすく、またコストも割高になってしまうというデメリットもあります。
スレート系
石綿とセメントをミックスして作る石綿スレートが代表的な屋根です。しかし最近では石綿が使われていないものも開発されています。軽くて豊富な色数から選べるのが特徴です。
金属系
亜鉛メッキ鋼板(トタン)やアルミニウム、銅板などの素材が挙げられます。瓦に比べて軽く、建物への負担が少ない点が特徴です。
ガルバリウム鋼板
亜鉛メッキ鋼板にアルミニウムを加える事でサビに強い素材にしたものです。従来の軽さや容易な加工が可能という特徴に加えて、優れた耐久性・耐熱性を持ち合わせています。