あなたのリフォーム応援します。

トイレリフォームのポイント

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  トイレ・洗面 > トイレリフォームのポイント

トイレのドアの開き方

これまでは内開きのドアが多く採用されてきましたが、トイレ中で人が倒れた時のことを考え、最近では外開きのドアにするケースも増えてきました。
しかし外開きのドアは、トイレが廊下に面している場合、事故の元になりかねないので注意が必要です。これらのことから、最も省スペースで安心なのは引き戸の採用であると言えます。

トイレは各階に

2階建・3階建住宅の場合、各階に1カ所ずつトイレを設けることによって、階段を昇り降りしなくてもトイレに行ける利便性はもちろん、朝の慌ただしい時間でも家族が分散して使用できる点がメリットです。
複数階にトイレを設ける場合、気をつけておきたいのは上下階で水回りゾーンを揃えることです。これにより配管や配線を集中させることができコストダウンにつながります。