あなたのリフォーム応援します。

トイレのバリアフリー化

リフォームのミカタ > パーツ別リフォーム術 >  トイレ・洗面 > トイレのバリアフリー化

トイレのバリアフリー化

高齢になると、トイレに行く回数が増えてきます。
一日に何度も使う場所だからこそ、トイレは使いやすく清潔で快適なスペースを心がけるようにしましょう。

設置場所は部屋の近くに

可能なかぎり高齢者の寝室内や隣接した場所にトイレを配置し、そこにつながる経路をバリアフリー仕様とします。
また、出入口の幅やトイレ内の広さにゆとりを持たせておくと、車いすや介護が必要になった場合にも対応が可能となります。

手すりの設置

トイレを自立して行うことは、人間の尊厳を守るための重要なポイントとなります。たとえ歩行が困難になっても手すりがあることで、自分で用が足せる高齢者も多いと言われています。動かないことで筋力が低下し、寝たきりになってしまわないよう、できる限り自立して排泄できるような配慮を施すように心がけましょう。