あなたのリフォーム応援します。

バリアフリーリフォーム

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  バリアフリー > バリアフリーの基礎 > バリアフリーリフォーム

バリアフリーとは

一般的にバリアフリーとは、高齢者など社会生活弱者の方や障害者が社会生活をする上で、行動や生活の支障となる「物理的な障害(バリア)」や「精神的な障壁」を取り除く施策や、バリアによる不自由を感じない状態のことを指します。バリアフリー化によって行動や生活に支障がなくなるのは、高齢者や障害者の方だけではありません。例えば妊娠している方、幼児、足にケガをされている方にもバリアフリーの効果は波及します。

バリアフリーリフォームとは

家の中やバルコニー、デッキ、玄関アプローチなどで事故のない快適な暮らしを実現するための改修をバリアフリーリフォームと言います。このバリアフリーリフォームを行うことで、高齢者をはじめ、妊娠している方や幼児などに対して快適な空間を確保することができます。

段差の解消
バリアフリーリフォームの基本で、屋内、屋外の段差を無くすことで事故を未然に防ぎます。
手すりの設置
階段・廊下・浴室・玄関・玄関アプローチなどの要所要所に手すりを設置します。
引き戸への変更
開き戸を幅広の引き戸に変更することで安全性が増し、車椅子でも使えるようになります。
ヒートショック対策
各部屋間の移動の際に、部屋の温度差によって血管が急変動し、心筋梗塞や脳出血を起こす恐れがあるヒートショック現象の対策を行ないます。
足元の視界確保
階段・廊下・玄関アプローチなどでは足元を明るくするリフォームを行ないます。
滑り止めの設置
廊下・階段・浴室・玄関アプローチなどには、足を滑らせない素材を選んでいきます。