あなたのリフォーム応援します。

バリアフリーリフォームの時期

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  バリアフリー > バリアフリーの基礎 > バリアフリーリフォームの時期

バリアフリーリフォームの時期

バリアフリーリフォームのタイミングはそれぞれの事情で異なってくると思いますので、一概にいつとは決められないものですが、目安としては50代に差しかかったぐらいのタイミングが良いとされています。
これは、「建築的にそろそろ老朽化が進んできている時期」「子どもたちが独立し、使わなくなった子供部屋ができる時期」「60代を超えてからの大規模なリフォームは体力的に辛い」という3つの要素がちょうど噛み合う時期だからです。

緊急の改修と長期的な改修

緊急の改修では、その時の状況に応じたピンポイントの施工が必要となります。しかし、将来的にバリアフリーが必要になる時に備えた下準備としての改修も考えておく必要があります。例えば、床の段差を徐々に解消したり、部屋や玄関の出入り口を広くしたり、などが長期的な改修にあたります。
いずれにしても、今現在は何の問題もない状態であっても、家族の中で「バリアフリー」という言葉を意識しはじめた時に話し合い、進めておくことが大切です。「減税措置」や自治体の「補助金」、介護保険の「助成制度」なども用意されていますので、これらを利用して積極的にバリアリフォームを計画するようにしましょう。