あなたのリフォーム応援します。

バリアフリーリフォーム減税

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  バリアフリー > バリアフリーの基礎 > バリアフリーリフォーム減税

バリアフリーリフォーム減税

バリアフリーリフォーム工事費用に対して、一定の割合で所得税の控除や固定資産税の減額などの措置を受けられます。減税措置を活かし、積極的に住まいのバリアフリー化を進めていきましょう。

ローン型減税(バリアフリー改修促進税制)

控除期間 5年間
控除率・控除額 A.年末ローン残高の2%/改修工事の要件となるバリアフリー改修工事に係る工事費相当部分(控除対象限度額200万円まで )
B.年末ローン残高×1%/A以外の工事相当分

【控除対象限度額(A+B)】1,000万円
改修後の居住開始日 平成19年4月1日〜平成25年12月31日

ローン型減税(バリアフリー改修促進税制) の詳しい情報はこちら

投資型減税

控除期間 1年間(居住開始年分のみ適用。ただし、新たに要介護・要支援状態区分が3段階以上上昇して適用対象工事を行った場合は再適用あり
控除率・控除額 控除対象額の10%
控除対象限度額200万円まで
改修に要した費用の額と、改修にかかる標準的な工事費用相当額とのいずれか少ない金額が対象
改修後の居住開始日 平成21年4月1日〜平成22年12月31日

投資型減税の詳しい情報はこちら

固定資産税の減税

控除期間 1年間
控除額 当該家屋に係る翌年度の固定資産税(100m²相当分まで)を1/3減額
適用となる改修工事時期 平成19年4月1日〜平成25年3月31日

固定資産税の減税の詳しい情報はこちら

減税を受けるには確定申告が必要

これらの減税制度は、工事をするだけでは税還付を受けることができません。必要な書類を揃え、工事を行った年の確定申告を行う必要があります。詳しくは国税庁のホームページや近くの税務署、勤務先の税務担当者などに相談してみるようにしましょう。