あなたのリフォーム応援します。

トイレ・洗面

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  バリアフリー > パーツ別バリアフリー > トイレ・洗面

トイレのバリアフリーリフォーム

和便器から洋便器に変更するのは当然のことですが、車椅子を使うようになった場合まで想定したリフォームができれば、非常に快適なトイレ空間が実現できるはずです。また戸建て住宅の場合は、各階にトイレを設置することをおすすめします。寝室の近くに設置されるとさらに安心です。

パリアフリーリフォームのポイント

充分なスペースの確保
将来、介助者が一緒に入ることや車椅子で入ることを想定した場合、「便器前1m・便器片側1m」以上のスペースとっておくと安心です。トイレ単体でのスペース確保が難しい場合は、洗面脱衣所などと一体の空間に変更する方法もあります。
間口を広げる
トイレの開口幅を90cmほど確保し、さらに引き戸を採用すれば安全で快適な出入り口が実現できます。
手すりの設置
車いすの場合は特にですが、手すりの設置は必ず必要となります。「車いすと便器間の移乗」と「立ち上がり」両方に効果的なL字型の手すりを設置するようにしましょう。
床材を見直す
滑りにくく清潔感のある素材に変更し、スリッパを履かなくても抵抗なく使えるような床材にしましょう。

洗面のバリアフリーリフォーム

洗面のバリアフリーリフォームは、広さと高さが大きなポイントとなります。また、車椅子を使うことになった場合も見越して改修しておくとさらに安心で安全な洗面空間が実現できます。

パリアフリーリフォームのポイント

高さの修正
高さを自由に変えることが出来るカウンターの洗面台に変更したり、カウンターの下に足を入れられるスペースを確保しておくと利便性が増します。収納やコンセントの位置・高さも、使用しやすい位置を考えて設置するようにしましょう。
広さの確保
車椅子を使用する場合は特に、広さの確保は重要なポイントです。洗面スペースだけでのスペース確保が難しいばあいは、トイレや浴室と一体化した洗面空間を検討してみるのも良いでしょう。
手すりの設置
壁に手すりを取り付けてくことで立ち上がりやすく、座りやすくなり便利です。
鏡の角度
座った状態でも無理なく鏡が見られるよう、角度が変えられる鏡を取り付けると便利です。

「パーツ別バリアフリー」のその他の記事