あなたのリフォーム応援します。

中古住宅のメリット・デメリット

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  中古住宅購入とリフォーム > 中古住宅のメリット・デメリット

中古住宅のメリット・デメリット

同じ立地・広さで比較すると新築住宅よりも割安感のある中古住宅を購入し、リフォームによって新しい住まいをつくりだそうとする方が増えています。新築住宅の多くが完成前に売り出されるのに対し、実際の建物の状態を目で見て確認できるのも大きな魅力である中古住宅ですが、当然メリット・デメリットがありますのでよく考えて検討するようにしましょう。

メリット

  • 住みたいエリアの中で、より多くの選択肢から選ぶことができる
  • 新築より低予算でできる場合が多い
  • 建売り住宅と違い、自分たちの好みのデザインにつくることができる
  • 周囲の環境や景観などを具体的にチェックすることができる
  • 建物の管理状態や経年変化を見ることができる
  • 建替えに比べ、解体費用や廃材処分のコストを抑えることができる
  • 現在セットバックが必要な敷地でも、リフォームならそのままのスペースが活用できる

デメリット

  • 骨組みや柱などの構造体の老朽化が激しい場合、新築よりも費用が高くなる場合がある
  • 構造や間取りを大きく変更することが難しい
  • 建築基準法の規定により、建替えが困難な場合がある
  • 配管など、内側の欠陥をチェックするのが難しい
  • 新築住宅に比べ、税金面であまり優遇されない*

*新築住宅は一定の条件を満たせば租税特別措置法などが適用されて税金免除や減額措置があるが、中古住宅に関してはこれらのメリットがないため。