あなたのリフォーム応援します。

中古住宅選びのポイント

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  中古住宅購入とリフォーム > 中古住宅選びのポイント

中古住宅選びのポイント

大前提として、すでに建物があるという利点を活かして、現地へ足を運びしっかりと自分の目で物件を確認しましょう。その際、建物そのものだけでなく、周辺環境やご近所のコミュニティ、管理状態まで目を配りましょう。

築年数を確認する
できるだけ1981年以降に建てられた中古物件を探すようにしましょう。1981年は建築基準法の「新耐震設計基準」が施行された年ですので、これ以降に建てられた建築物は新しい耐震基準に沿って建てられている可能性が高いと言えます。
使えそうな設備はそのままで
ほとんどの住宅設備はハウスクリーニングを行うことで使用出来る場合が多いです。全てを取り替えてしまうことで、結果的に新築住宅を購入する時と変わらないほどの費用がかかってしまう場合もありますので、使えるものは有効利用していくようにしましょう。
リフォーム済ではない物件を選んでみる
中古住宅の中にはすでにリフォーム済みの設備が備えられている物件もあります。これらの物件をすこし割高な金額で購入するのもひとつの手ですが、逆にまったくリフォームされておらず、設備も老朽化している割安な中古物件を購入すれば、自分の好み通りのリフォームを計画しやすくなるでしょう。