あなたのリフォーム応援します。

中古マンションのポイント

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  中古住宅購入とリフォーム > 中古マンションのポイント

専有部分と共用部分

マンションには専有部分と呼ばれる個人所有のスペースと、共用部分があります。このうちリフォームが可能な部分は、専有部分のさらに内側部分「内装部分」と呼ばれる範囲となります。 内装部分とは、コンクリート部分、サッシ、排水縦管を除く内側部分のことを指し、詳細は重要説明事項に記載されているはずです。一般的な共用部分は、廊下や玄関ポーチ、バルコニーとなり、これらの部分へのリフォームは不可能となります。

専有部分

水まわりの位置
水周りの設備リフォームの際に、位置も移動したいという場合が多いですが、配管状態などにより移動範囲は限られてきてしまいます。購入前に移動できる範囲を確認しておくようにしましょう。
床の変更
多くのマンションは下階への配慮により、管理規約などで遮音制限を設けている場合が多いです。また、フローリングなどへの変更自体を禁止している場合もありますので事前に確認しておくようにしましょう。
配管や設備の状態
目で確認することが難しい配管などは、実際に水を出してみて赤サビなどがないかをチェックしましょう。 その他、排水に滞りがないか、水漏れがないかなども確認しておきましょう。
カビ・黒ずみ
家具の裏や部屋の隅、押入れなどにカビがないか、クロスに黒ずみがないかを確認しましょう。これらに問題がある場合、通風や断熱材の施工状況に問題がある可能性があります。

共用部分

外壁
外壁やバルコニーにひび割れがあったり、叩いた際に乾いた音がなる場合はコンクリートが劣化している可能性があります。
金属部分
バルコニーの手すりなど、金属部分に激しいサビや劣化がないか確認しておきましょう。
管理状態
マンション全体の管理状態を確認しておくことも重要です。エントランスや集合ポスト、ごみ置き場、自転車置き場などが清潔に保たれているかを確認しましょう。

マンション重要事項説明書

分譲マンションの重要事項説明書を管理会社や管理組合から見せてもらいましょう。ここに専有部分で許可されているリフォーム箇所や条件などが詳細に書かれているはずですので、契約前に確認しておくことが大切です。