あなたのリフォーム応援します。

中古住宅リフォームの進め方

リフォームのミカタ > 目的別リフォーム術 >  中古住宅購入とリフォーム > 中古住宅リフォームの進め方

1.希望エリア・条件から候補物件を絞る

中古住宅は様々なエリア、物件から比較検討出来るのが大きなメリットですので、雑誌やインターネット、不動産屋などの物件情報から希望の住まいが実現出来そうな物件を探していきましょう。

2.予算を決める

物件の価格だけでなく、リフォーム分の費用も考慮して予算を決めていきましょう。 目安としては、中古住宅購入費用とリフォーム費用を合わせて、新築物件を購入する場合の費用の70〜80%が妥当な金額だと言えるでしょう。

3.物件を見に行く

新築物件と違い、中古住宅はすでにある建物を実際に見ることが出来るメリットがあります。ポイントを押さえながら、しっかり建物と周りの環境を確認しましょう。

4.リフォームしたいポイントをまとめる

物件の目処がついたら、リフォームプランを固めていきましょう。しかしあまり細部にこだわりすぎないように、あくまでも「どのような空間にリフォームしたいのか」というポイントを整理する程度にしておきましょう。その際、それぞれのポイントに優先順位をつけておくと業者とのやりとりもスムーズになります。

5.リフォーム業者を選定する

物件候補、予算、リフォームプランの方向性が決まったら、リフォーム業者の検討をはじめましょう。業者によって得意な分野、デザイン性などそれぞれ違った特徴がありますので、じっくりと慎重に比較検討しましょう。

6.現地調査依頼

リフォームプランのイメージを具体的に伝えるためにも、業者と一緒に現地へ出向くようにしましょう。その際、中古住宅の構造に関するチェックや地盤のチェックを併せて行なうようにしましょう。

7.近隣挨拶

リフォームが決まったら近隣住宅への挨拶を行ないましょう。おおまかで構いませんので、どのようなリフォームを行なうのか、工事期間はどれぐらいかなどをあらかじめ説明しておくと良いでしょう。

8.設備を選定する

リフォームで取り入れたい設備機器の比較をし、カタログ請求やショールームへ足を運び決めていきましょう。