あなたのリフォーム応援します。

中古住宅購入

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  ライフステージで考えるリフォームどき > 中古住宅購入

中古住宅の購入

国やハウスメーカーなどが中心となって中古住宅の品質を保証するシステムをつくるなど、中古住宅の市場は次第に高まりつつあります。
中古住宅を購入する時にチェックしておきたいのは、間取り図だけでは分からない箇所です。例えば、床下や天井裏のスペースをはじめ、躯体や設備の配管状態などの目に見えない部分です。その他、日当りや通風の状態から眺望、騒音、電気容量、情報系配線(ケーブルテレビやインターネット)の状態まで細かくチェックするように心がけましょう。 また、中古マンションを購入する時は「きちんと管理されているかどうか」もチェックしておくと良いでしょう。共用部分(外壁や玄関ホール、非常階段や駐輪スペースなど)を見れば、きちんと管理されているかどうかの見当がつきます。
中古マンションをリフォームする際、多くの場合はキッチンや浴室などの移動はほとんどできません。これは、水まわりの配水管の位置が決まってしまっているためです。ですので、水まわりとは関係のない間仕切り壁を撤去して間取りを変更したり、設備機器を充実させるリフォームなどで、住み心地を追求する工夫をしましょう。

間取りの変更について

一般的にマンションの構造は『ラーメン構造』と呼ばれるものが多く、建物を支えている柱と梁さえ手を加えなければ、壁の位置はほぼ自由に変えることが可能です。
一戸建ての場合、建物の構造が『RC造』か『重量鉄骨造』であれば、間仕切り壁を撤去することが可能です。さらに一戸建ての場合は、水まわりスペースの間取りを変更することも可能です。

安全で健康的な素材選びについて

マンションの場合、建築基準法や消防法などによって、壁や天井の内装材に『不燃材料』や『準不燃材料』を使うよう義務づけられている階や場所がありますので、仕上げ材を選ぶ時は、必ず専門家のチェックを受けるようにしましょう。また、壁や床材から発生するホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物によって、「シックハウス症候群」が引き起こされ、居住者がさまざまな体調不良を訴えている例があります。壁や床の素材選びは、ホルムアルデヒドを抑制する効果があったり、揮発性有機化合物を吸着する機能のある素材を選ぶようにしましょう。

使いやすいキッチンについて

マンションの場合、水まわりであるキッチンの移動はほとんどできませんが、システムキッチンの変更は可能です。現在のキッチン位置に重なるような置き方でしたら、排水や排気の処理も問題ありません。例えば『I型』だったキッチンを『L型』や『U型』にし、使いやすいキッチンに変更することが可能です。