あなたのリフォーム応援します。

子供部屋をつくる

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  ライフステージで考えるリフォームどき > 子供部屋をつくる

子供部屋を作る

小学生になる頃あたりから、子供にも少しずつプライバシーの意識が芽生えはじめ、希望する空間の広さも大きくなっていきます。一方で、小学生に対して完全な個室を与えるには、まだ少し早いとも言えます。 家族と一緒に過ごしながら、自然に社会生活の基礎を学んでいける環境づくりが大切ですので、完全な個室ではなく、『開放的な個室空間』を確保するイメージで、子供部屋を作るように心がけましょう。
また、子供にとっては勉強部屋であると同時に、友達を呼んだりして遊ぶための空間でもあります。 他人のお子さまを安心して預かれるように、親の目の届く範囲で適度な広さを持つ部屋が必要になります。
普段あまり使う事がない屋根裏収納など、天井のデッドスペースもロフトとしてリフォームすれば、開放感ある立派な子供部屋に変身します。また、増築などで新しく子供部屋をつくる時は、リビングなど家族が集まるスペースに隣接させることで、コミュニケーションが取りやすくなるような工夫をしましょう。

天井のデッドスペースをロフトに改造する

天井の高さがあって、デッドスペースになっている住宅の場合、ロフトとしてリフォームして子供部屋に変身させましょう。ロフトの場合、『最高の内法の高さが1.4m以下で面積が階の2分の1以下』であれば、階として数えなくて良いことになっています。また、将来子供部屋として使えなくなっても、収納スペースとして活用できます。

収納力のある子供部屋にする

収納力のある子供部屋があると、衣類はもちろん、マンガや雑誌、おもちゃなど、散らかりやすい物もきちんと片付けることができ、スッキリとした空間を保つことができます。また子供に、日頃からの片付けを習慣づけることもできます。

リビングの上を吹き抜けにする

吹き抜けとは上階の床を一部なくし、下階との空間を縦に開放するものです。リビングの上を吹き抜けにし、2階に子供部屋をつくることで、上下階でコミュニケーションを取ることができます。