あなたのリフォーム応援します。

築20〜30年:住まい全体の見直し時期

リフォームのミカタ > リフォームどきって? >  住まいで考えるリフォームどき > 築20〜30年:住まい全体の見直し時期

住まい全体の見直し時期

築30年ともなると、住まいを構造から見直さなくてはならなくなり、必然的に大規模なリフォームが必要になってきます。なお、税法上の住宅の耐用年数によると、木造で22年、RC造で47年、鉄骨造なら壁の厚さによる違いで19〜34年となっていますが、借地法上の借地権耐用年数は、一律で30年とされています。 またこの時期は、家族構成やライフスタイルの変化が表れてくる頃でもあるので、間取りの変更や高齢者対応の検討も踏まえ、家族でしっかりとリフォームプランを話し合うことが大切です。

水まわり

キッチン、浴室、トイレの間取りや配置など、根本的な部分からの見直しを行います。高齢者対応を踏まえ、トイレは寝室の近くに置き、キッチンと浴室は動線を考えて近くに配置するなど、新たな使い勝手を重視したリフォームが必要となってきます。また、それぞれの箇所でバリアフリー商品を取り入れていくと効率的です。

居室

居室に関しても水まわりと同様、間取りなどの根本的な部分から見直してみましょう。全体的に段差をなくし、廊下や間口を広めにするなどのバリアフリー対応も必要です。また空き部屋となった子供部屋などは、クローゼットや趣味の空間に改造すれば有効活用ができます。

外観

このタイミングで、玄関まわりや庭など、エクステリアのあり方から考えてみましょう。独立型の二世帯住宅を計画している場合は、屋根付きの中庭やウッドデッキを設けたりして、お互いの世帯がスムーズに交流できるような空間にするとよいでしょう。